Type UNIMU
長らく住まう家

長らく住まう家

ずっと使える質の高さと、ユニバーサルなデザインが魅力。
プライベート空間とパブリック空間の分離を行うことにより、
様々なライフスタイルに対応し、
長く住むことができるよう意識してプランニングしました。

土地の広さや向きに合わせた標準プランをご用意しています。
敷地条件に合わせた最適なプランをご提案しています。
不明な点はお気軽にお問い合わせください。

玄関方角を選択してください

11件の間取りプランがあります

南 間口4間×4.5間プラン

(7.28×8.19m)
施工坪数:38.00坪 太陽光パネル:4.800kw

南 間口4.5間×4間プラン

(8.19×7.28m)
施工坪数:37.25坪 太陽光パネル:6.000kw

南 間口5間×3.5間プラン

(9.10×6.37m)
施工坪数:38.50坪 太陽光パネル:4.000kw

南 間口3.5間×5間プラン

(6.37×9.10m)
施工坪数:36.75坪 太陽光パネル:4.800kw

南 間口3.5間×4.5間プラン

(6.37×8.19m)
施工坪数:33.75坪 太陽光パネル:4.800kw

南 間口4.5間×3.5間プラン

(8.19×6.37m)
施工坪数:33.75坪 太陽光パネル:4.000kw

南 間口4間×4間プラン

(7.28×7.28m)
施工坪数:33.50坪 太陽光パネル:4.800kw

南 間口5間×3間プラン

(9.10×5.46m)
施工坪数:29.50坪 太陽光パネル:4.000kw

南 間口4間×3.5間プラン

(7.28×6.37m)
施工坪数:30.00坪 太陽光パネル:3.200kw

南 間口3.5間×4間プラン

(6.37×7.28m)
施工坪数:31.75坪 太陽光パネル:4.800kw

南 間口4.5間×3間プラン

(8.19×5.46m)
施工坪数:30.25坪 太陽光パネル:4.000kw

11件の間取りプランがあります

北 間口4間×4.5間プラン

(7.28×8.19m)
施工坪数:38.00坪 太陽光パネル:4.800kw

北 間口4.5間×4間プラン

(8.19×7.28m)
施工坪数:37.25坪 太陽光パネル:6.000kw

北 間口5間×3.5間プラン

(9.10×6.37m)
施工坪数:38.50坪 太陽光パネル:4.000kw

北 間口3.5間×5間プラン

(6.37×9.10m)
施工坪数:36.75坪 太陽光パネル:4.800kw

北 間口3.5間×4.5間プラン

(6.37×8.19m)
施工坪数:33.75坪 太陽光パネル:4.800kw

北 間口4.5間×3.5間プラン

(8.19×6.37m)
施工坪数:33.75坪 太陽光パネル:4.000kw

北 間口4間×4間プラン

(7.28×7.28m)
施工坪数:34.25坪 太陽光パネル:4.800kw

北 間口5間×3間プラン

(9.10×5.46m)
施工坪数:32.50坪 太陽光パネル:4.000kw

北 間口4間×3.5間プラン

(7.28×6.37m)
施工坪数:30.00坪 太陽光パネル:3.200kw

北 間口3.5間×4間プラン

(6.37×7.28m)
施工坪数:28.75坪 太陽光パネル:4.800kw

北 間口4.5間×3間プラン

(8.19×5.46m)
施工坪数:30.25坪 太陽光パネル:4.000kw

自由に選べる外装と内装の組み合わせは9パターン

内装オプション ポートランドビンテージ

ポートランドのリアルビテージをイメージした重厚感のあるデザイン。シンプルながら存在感のある家具は、独特の雰囲気づくりに欠かせない存在です。またブラックやダークブラウン、シルバーといった色味がベースに使われることが多く、重厚感の中に洗練された雰囲気も感じさせてくれます。

内装オプション ヘルシンキモダン

北欧フィンランドスタイルのミニマルデザイン。昨今、日本でも定番になった北欧モダンのスタイルに、独自のアレンジを加えたシリーズです。シンプル且つ素材感のある床材やクロス、絵画やランプシェードに到るまで、細部までこだわったオプションを選択可能です。

パブリックスペースで集う家

吹き抜けとタタミのあるリビングは、みんなが心地よく過ごせる空有間。廊下とリビングを繋ぐ扉を閉めれば、プライベート空間を確立することができます。

※下記は「Type UNIMU ・玄関南側・4.5間×4間」の場合です。玄関の方位や間口×奥行の違いにより居室の形状や特徴は多少異なります。

1LDK

吹き抜けのある明るいリビング。来客時でも落ち着いたプライベート空間を実現するためにパブリック空間とプライベート空間の動線をしっかり考えてレイアウト。

2タタミコーナー

1階のタタミコーナーは、キッズスペース、テレワークをする仕事部屋など様々な用途で利用可能。オプションで扉をつけることで客間や将来の寝室としても使用することができます。(※延床30坪以上)

3洗面室・脱衣室

水回りを一ヶ所にまとめることで、パブリック空間とプライベート空間の分離をしやすい間取りになっています。

4廊下・階段

廊下に扉を一枚設けることにより、廊下・階段・2階が完全プライベート空間にすることができます。お子様が成長した時など重宝します。

5フリースペース

1階と2階のお互いの存在を感じ合える吹き抜け。勉強や仕事をしたり洗濯物を畳んだりと、フレキシブルな使い方を楽しめます。

6収納

フリースペースと直結しているので洗濯物を畳んだりした服などをすぐに片付けることができます。季節ごとに使い分けたりできる機能的で使いやすい設計です。

7マシンルーム(MR)

1畳ほどの空調室にエアコン1台とファンを設置し、ここで温度調節した空気を建物全体に循環させることで、家中を冷暖房するというもの。家中すみずみまで快適な温度に保つことができ、どこにいても温度ムラを感じることがありません。