Concept

FB工法について

結露しない家

室内の湿った空気がガラスなどで冷えて結露する
「表面結露」がカビなどの影響で人の健康を害するのと同じように、
暖かい空気が壁の中で冷えて結露する
「内部結露」は建物の健康を害します。

01

表面結露

目に見える「表面結露」も放っておくと、カビやダニが発生して喘息やアトピーなどの健康被害につながります。結露は温度と湿度の関係で発生しますが、例えば湿度60%の場合、表面温度が20℃から12℃に下がると結露します。
「FB工法」は室温をほぼ一定に保ち、湿度も調節することで結露の発生を防ぎます。また外気の影響を受けやすい窓には、トリプルガラスサッシを採用して断熱性を高めています。

02

内部結露

押入れの中にカビが生えやすいのは、布団が断熱材の替わりとなって壁との境目で結露してしまうことが主な要因です。さらに壁の中などの見えない場所で「内部結露」が発生すると、柱、梁などの木材にカビ、腐りなどを発生させます。
「FB工法」では温度と湿度をコントロールした空気を「内部通気層」に循環させるので、壁の内部は常に乾燥状態。柱などの強度を保ち、結果として家を長持ちさせます。

03

トリプルサッシ

「グリーンシードセレクト」では3層構造のトリプルガラスサッシ、外気温の影響を受けにくい高性能樹脂枠を標準採用。内側と外側にLOW-Eガラスを採用し、内部には空気よりも熱伝導率が低いアルゴンガスを封入して断熱性能を高めます。断熱性能を表す熱還流率はトップクラスの0.86W/㎡・K。結露を抑制しカビ・ダニの発生を予防します。また暖房時の熱の流出、冷房時の熱の流入を少なくして、冷暖房効率をアップ。消費電力量を減らすことで、光熱費やCO2排出量を低減します。