Concept

FB工法について

身体に優しい家

特許技術「FB工法」が目指す家づくりは
温度差がない家。
温度差がないこと=⾝体に負担がかからない+家が傷まない

01

時間温度差が少ない

グラフは「FB工法」で建てた家の室温を実測したものです。外気温がマイナス11℃の真冬でも、家の中は20℃でほぼ一定。逆に夏に外気温が36℃を超えるような猛暑でも、家の中は26.7℃以下を示しています。
「FB工法」は外気温の影響をあまり受けずに、一日の「時間温度差」をできるだけ少なくします。一年を通して、毎日の心地よさが続きます。

02

上下間温度差が少ない

「FB工法」は床・壁・天井の「内部通気層」を利用した「6面輻射冷暖房」。だから冬も夏も足元から天井まで部屋の中の温度がほぼ一定になっています。一方、通常のエアコン暖房では、暖められた空気が部屋の上の方にたまり、床の近くは冷えたまま。床暖房では暖かいのは部屋の下の方ばかりで、床を熱いと感じるのもうなづけます。
「FB工法」なら、吹き抜けなどの大きな空間でも上下間温度差を作りません。冷暖房費を気にせずに、空間ののびやかさをお楽しみください。

03

部屋間温度差が少ない

部屋ごとに冷暖房する方法では、玄関や廊下、洗面所といったスペースが外気の影響を受けて家の中に温度差が生じてしまいます。「FB工法」はコントロールした空気を床・壁・天井の「内部通気層」を通す「6面輻射冷暖房」。全館空調システムのため、各部屋はもちろん家中どこでも温度をほぼ一定に保ち、外気温から室内環境を守ります。

FB工法は家の中での
「健康リスク」を
大きく低減します

入浴中の死亡事故は交通事故による死亡事故の実に4倍以上。
急激な温度変化が血圧変動を引き起こす
「ヒートショック」が一因です。
また家の中での熱中症も近年注目されるようになりました。
温度変化が身体に大きな負担をかけています。

01

入浴中の事故

厚労省の調査では、入浴中に何らかのアクシデントで命を落とす人の推計は年間約1万9000人。また溺死者数のうち9割以上は65歳以上の高齢者です。冬季に増える傾向があり、その多くは入浴時の急激な寒暖差により、血圧変動して心筋梗塞などを引き起こす「ヒートショック」が原因とみられています。

02

家の中の熱中症

熱中症の約4割が家の中で発生しています。熱中症で亡くなられた方の8割以上が、クーラーを使用していない状況下でした。室温が28度以上になると熱中症になりやすくなるといわれております。熱中症対策のためにも室温管理は大切です。

03

寒さが血圧に影響

国交省の調査では、起床時の室温の低下による血圧上昇への影響は、高齢になるほど大きいことや、室温の低い家に住む人ほど、起床時の血圧が高血圧となる確率が高いことがわかっています。またヨーロッパの諸外国では、「暖かい家は人権」であるとして、最低室温が18℃~23℃と法令で規定されています。