Concept

FB工法について

空気を完全に入れ替える、
そのための高気密。

「空気を閉じ込めて暖かい」のは当たり前。
でもそれって不健康ですよね。
「FB工法」で建てた家の気密性能C値の平均は
高気密住宅の30倍、国内最高レベルの0.16㎠/㎡です。
いつでも新鮮な空気に包まれて暮らすために、
わたしたちが求めるこだわりの数値です。

01

約2時間で入れ替える

ヨコに穴が開いたストローではジュースは飲みにくいものです。家の換気も同じこと。隙間が多ければ多いほど換気効率は下がります。「FB工法」は隙間を極限まで無くして、換気効率の最大化を目指します。これにより約2時間で家中の空気を入れ替えることが可能になり、常に新鮮な空気環境を守ります。

02

湿気や空気汚れの侵入を防ぐ

室温の低下を防ぎながら換気する「熱交換型換気扇」には、外気を給気する際に調湿して結露やカビの発生を抑制する機能があります。また花粉やPM2.5などの侵入には「給気清浄フィルター」で対応。外気を吸込む側のダクトに設置した給気清浄フィルターユニットで気になる外気の汚れが室内へ入ってくるのを抑えます。

03

全棟で完成時に検査

ホクシンハウスでは全棟、第三者に依頼して「気密測定」「換気風量測定」を実施。マニュアルに沿った気密施工が行われているか、計画通りに換気風量が得られるか測定します。1棟1棟きちんと、建物完成時に検査することが大切であると私たちは考えています。