ホクシンハウスのZEHへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

これからの住宅にとって当たり前になると考えられているZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、通称:ゼッチ)は、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、それに加えて太陽光発電などでエネルギーを創ることで、年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅のことです。
2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」で、政府は「ZEHを2020年度までに新築住宅の標準にすること」「2030年度までに新築住宅の平均にすること」を政策目標として設定し、ZEHの普及を進めています。
ホクシンハウスはZEHビルダーとして登録を行い、2020年度までの普及率目標を策定しました。

これからの住宅にとって当たり前になると考えられているZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、通称:ゼッチ)は、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、それに加えて太陽光発電などでエネルギーを創ることで、年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロ以下にする住宅のことです。
2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」で、政府は「ZEHを2020年度までに新築住宅の標準にすること」「2030年度までに新築住宅の平均にすること」を政策目標として設定し、ZEHの普及を進めています。
ホクシンハウスはZEHビルダーとして登録を行い、2020年度までの普及率目標を策定しました。

ホクシンハウス・グリーンシードハウス ZEH普及率目標と実績

ホクシンハウス・グリーンシードハウス ZEH普及率目標と実績・表

※ホクシンハウスが受注する住宅のうち、ZEHが占める割合を示したものです。