皆さんが想像される“心地いい家”とはどのようなイメージですか?明るく広々して開放的で……。でもこれらはあくまで視覚的な心地よさ。本当に心地よく暮らすには目に見えない「快適さ」「健康」「省エネ」が、とても大切です。心地いい暮らしに欠かせない3つの基本性能についてご紹介します。

違うのは“快適さの質”

四季による変化が大きい日本。暖かさや涼しさは暮らしの“快適さ”に直結します。ホクシンハウスのオーナーさんに住み心地を伺うと、皆さん決まって口を揃えられるのが「快適さが全然違う!」ということ。 「家全体がぽかぽかと日だまりのように暖かい」
「局部的にアツくなるのではなく、全身がふんわりと包まれる感じ」
「風やホコリが立たず、嫌なニオイもない」
包み込むようなやさしい温度であること。家中が同じ暖かさで満たされていること。ホクシンハウスならではの上質な心地よさが、快適な暮らしを叶えています。

いつでも日なたにいる快適さを求めて

暖冷房の種類には「対流」「伝導」「輻射」の3つがあります。
「対流」はエアコンのように室内の空気を回して暖冷房する方法。「伝導」は湯たんぽのように直に触れる方法。「輻射」は日光のように遠赤外線で暖められたモノ、冷やされたモノ自体が暖気や冷気を放出することで暖冷房する方法です。冬に縁側で日向ぼっこしていると外が寒くても体はポカポカしてきますが、これが輻射。じんわりとした自然な暖かさが持続するため、最も心地よいとされています。ホクシンハウスの家も輻射式。それを可能にしたのが独自に開発した「FB工法」です。

「FB工法」は理想の6面輻射暖房

「FB工法」の家は、壁や床・天井に空気の通り道が設けられています。1階の床下に置いたエアコンをつけると、快適な温度の空気がこの空気層を通って家全体に送り届けられます。そして四方の壁と床・天井の6面すべてから発せられる熱で部屋を快適な温度に保つのが6面輻射の暖冷房です。この6面輻射による暖冷房は、エアコンや石油ストーブのように空気を対流させたり局部的に暖めたりしないため、全身がふんわりと包まれるような穏やかな心地よさが実現できるのです。

サーモグラフィーで見る快適さの違い

下の写真は、「FB工法」と「一般的な住宅」、「床暖房住宅」の室内を、それぞれサーモカメラで撮影したものです。FB工法以外の室内では写真のように、局部的に温度が上がったり暖房範囲が狭かったりと、室内温度にムラができてしまっており、快適で健康な状態とは言いがたいことがわかります。

<サーモカメラで撮影した各暖冷房方法による冬季の断熱環境>

<サーモカメラで撮影した各暖冷房方法による冬季の断熱環境>

  • FB工法
    FB工法の暖冷房システム(外断熱)の家では、足元から天井まで部屋中の温度が均一になっているのがわかります。温度差がないだけでなく、壁・床・天井から輻射熱が放出されるので体の芯からぽかぽかと温まる、快適で健康的な暖房といえます。
  • 一般的な暖房
    一般的な暖冷房システム(内断熱)の家では、暖気が上昇してしまうため、天井に近づくほど室温が高くなります。床面と比較すると5℃以上の温度差のあることが見てとれます。足元は寒いのに頭は暑くなってしまい、快適とはいえません。
  • 床暖房
    床が熱源となっているため、上方に行くにしたがって室温が低くなります。足元は暖かいけれど顔が冷たく感じることがあります。また外気温に合わせて室温を調節しづらいという弱点があります。

<サーモカメラで撮影した各暖冷房方法による夏季の断熱環境>

<サーモカメラで撮影した各暖冷房方法による夏季の断熱環境>

  • FB工法
    冷房の季節でも、部屋中の温度が均一になっているのがわかります。温度差がないだけでなく、壁・床・天井が24〜26℃の快適な温度で保たれていて、理想的な環境といえます。
  • 一般的な冷房
    一般的な暖冷房システムの家では、エアコンの冷気が届くところは十分に冷やされています。ただ、冷気が届かないところとの温度差が大きく、家全体が快適とはいえません。

家を建て替える理由の多くは「寒さ」。

家にいる間、私たちは常に室内の空気に包まれ、肌で温度を感じて暮らしています。室温が低いこと自体、住む人にとっては大きなストレス。実際、家を建て替える理由の多くが「寒さ」であるにも関わらず、多くの人が冬寒いのは当然と考え、寒さが体に良くないことをほとんど認識していません。寒さは万病の元といわれるように、冷たい空気が体を内外から冷やして健康に深刻な影響を与えることもあります。健康で元気に暮らすには、暖かい室内環境を保つことがとても大切なのです。

ヒートショックから家族を守る。

生活する上で多少の温度差は避けられませんが、暑い寒いに関わらず“温度差”があることも、私たちの体に負担をかけています。急な温度変化によって血圧や脈拍に異常を来すことをヒートショックといい、これが原因で亡くなる人は年間1万人以上とも。この数字は交通事故で亡くなられた方の実に2.9倍にものぼります。これを防ぐには平均温度差を3〜5℃以内にすることと室温を最低でも17℃に保つことが望ましいとされます。

寒さと温度差をなくすことが健康への近道

体の冷えやヒートショックを防ぐには、寒さと温度差をなくすことがポイントです。ホクシンハウスの家は、非常に優れた断熱・気密性・換気・暖房の性能を備えています。これらをバランス良くコントロールすることで常に家中の温度を一定に保っています。暖かい家は結露も起きにくいので、アレルギーの原因となるカビやダニの発生を抑えることができます。暖かく快適な住まいは、健康な暮らしへの一番の近道なのです。

  • 最も温度差が大きいのが冬場の就寝時。フトンの中は30℃ですが、フトンから出れば室温は10℃。廊下・トイレへと移動すると室温はさらに下がり実に22℃もの温度差があることがわかります。
  • 家中どこも均一な温度を保てるFB工法なら、冬場の廊下・トイレも24℃と快適な室温を維持。フトンの中の30℃と比べても温度差は6℃に抑えられています。いちいち着込まずトイレに立てます。

知っていますか? 住宅の“生涯コスト”

住宅にかかるコストには、家を建てる際にかかるイニシャルコストと、生活をしていくのにかかるランニングコストがあります。この合計が住宅の生涯コスト。多くの人はイニシャルコストについてはとても慎重ですが、ランニングコストについてはほとんど意識しないのでは? でもランニングコストはこの先、何十年間と支払い続けるものです。月々の支払いは大した額でなくても、長い目で見ればそれが想像以上の金額になることも。家を建てるときは、住宅の生涯コストをぜひとも考えたいものです。

[計算条件]
※ECOLET' S2-4×4・5(36坪)を各工法で立てた場合の暖冷房費を温熱環境シュミレーションソフト「Sim-Heat」を用いて算出。
・気象データ:長野市
・暖房20℃ 冷房27℃
・暖房機器:床下エアコン暖房
※機器効率は外気温にあわせて算出。熱ロスを2割考慮
・冷暖房効率:COP3.80
・中部電力のEライフプラン契約の料金(平成27年12月現在単価)で算出。
※基本料金、燃料費調達額、再エネ発電促進賦課金は含まれていません。
※これらの結果は各条件下におけるシミュレーション結果であり、実際の値や性能を保証するものではありません。
あくまでも目安としてご参照下さい。

家も“燃費”で選ぶ時代

車を買う時、燃費の良さを比較する人は多いはず。しかし住宅を建てる時に燃費を考える人がどれほどいるでしょうか?  車がエコカーならば、家も燃費の良さ、つまりランニングコストの少なさで選びたいもの。燃費の差は住宅の生涯コストに大きく関わります。たとえば毎月5000円の差額でも、1年では6万円、住宅ローンの期間35年で換算すれば、その差は何と210万円にも上ります。 家計をやりくりして建築費用を抑えても、冷暖房の電気代に消えてしまえば、そうした努力もすべて水の泡。 これからは、家を建てる際の建築費用<イニシャルコスト>だけではなく、暮らし始めてからの光熱費用<ランニングコスト>も視野に入れて、家づくりを考える時代に来ているのです。

ホクシンハウスなら家の燃費がわかる

ホクシンハウスが企画住宅として展開するグリーンシードハウスは、建物の外周を規格化し、将来にかかるであろうランニングコストまでも明示することのできる全く新しい発想から生まれた規格住宅です。FB工法の高度な性能はそのままに、建築コストを抑え、エコロジーでエコノミー、しかも快適な暮らし心地を実現しました。和モダンからヨーロピアンまで豊富なラインナップで、あなたにぴったりのグリーンシードハウスがきっと見つかります。

最小のコストで最大の効果を得る仕組み

家を暖めるだけなら暖房をたくさんつければ済みますが、それではコストがかかり地球にもやさしくありません。ホクシンハウスは、寒さ厳しい信州を拠点として常に暖かい住まいを追究して研究を重ね、開発してきました。住まう人のこれからの暮らしを考えて、単に暖かければいいのではなく、エネルギー消費を可能な限り少なくすることで、家計を助け、地球環境へも負荷のかからない、快適な暮らしを提案しています。心地よい暮らしをより少ないエネルギーで可能にする技術。それこそがホクシンハウスのこだわりであり、パイオニアとしての誇りなのです。