すべての住宅に
最高水準のクオリティーを

ホクシンハウスでは、家のクオリティーを実証するために
施工するすべての住宅で「気密測定」「熱損失係数計算」「換気風量測定」を行い、
お客様が快適で安心できる家をご提供しています。

「高気密高断熱」を掲げている建築会社も今や多数。しかし、そのすべての家で性能の確認が行われていわけではありません。
気密性能は、現場の施工精度に大きく左右されます。本来は、きちんとした気密施工が行われたかどうかを測定して確認することが重要なのです。
ホクシンハウスでは、FB工法が誕生した昭和63年から、全棟で気密測定を実施しています。

高気密でなければ、計画換気は成り立たない

現在では室内の24時間換気が義務付けられていますが、気密性が高い家ほど、計画的に換気を行うことができます。気密を高めて無駄な隙間をなくし、汚れた空気を排出する場所と新鮮な空気を取り入れる場所を明確にすることで、少ない換気量で効率良く換気できるようになるのです。

右の表は、施工した住宅のうち、気密測定結果上位5棟の数値です。施工した住宅の気密測定値の平均は0.16㎠/㎡であり、次世代省エネ基準(Ⅲ地域)の約30倍もの気密性能を実現しています。
建設地 気密測定結果
長野県北佐久郡軽井沢町教会 0.0384㎠/㎡
長野県諏訪市T様邸 0.07㎠/㎡
長野県佐久市S様邸 0.09㎠/㎡
長野県長野市T様邸 0.10㎠/㎡
長野県長野市K様邸 0.11㎠/㎡
右の表は、施工した住宅のうち、気密測定結果上位5棟の数値です。施工した住宅の気密測定値の平均は0.16㎠/㎡であり、次世代省エネ基準(Ⅲ地域)の約30倍もの気密性能を実現しています。

「熱損失係数(Q値)は住宅の断熱性能を示す数値で、数字が小さいほど断熱性能が高く暖房費がかからない住宅といえます。間取りや窓の面積、住宅の大きさなどによって異なるため、1棟1棟計算し、性能を確かめる必要があります。
ホクシンハウスでは、全棟でQ値の計算を行い、次世代省エネルギー基準以下であることはもちろんのこと、より高性能な住宅を提供しています。

工法 Q値
次世代省エネ基準(Ⅲ地域) 2.4W/㎡・K
FB工法 1.5 W/㎡・K
FBスーパー工法 1.2 W/㎡・K
無暖房住宅 0.92 W㎡・K

40坪のモデルプランで計算した場合のQ値の比較です。どの工法でも次世代省エネ基準(Ⅲ地域)より大幅にQ値を抑えており、高い断熱性能を示しています。

気密性の向上にともない、換気によるシックハウス対策が重要になってきました。
平成15年に改正された建築基準法では、居室に0.5回/h以上の換気量を持つ換気設備を設置するよう義務付けられています。しかし、取り付けた換気扇が計画どおりに作動しているかを実際に確認している会社はほとんどありません。
ホクシンハウスでは、完成時に全棟で換気風量測定を実施し、計画どおりに換気風量が得られていることをしっかりと確認しています。